小説

『陰陽師・安倍晴明 白き面に、囚わるる』シリーズ第3弾!!!(著・結城光流)感想考察

『陰陽師・安倍晴明』シリーズ第3弾!!

created by Rinker
¥1,430
(2022/11/26 07:43:18時点 楽天市場調べ-詳細)

 

一人の女性を助けるために、力を欲した一人の男。

人嫌いの男が、一人の女性を想い、護る、純愛小説です!!!

 

時は平安。類稀たぐいまれなる力を持ち、神々の末席に連なる十二神将を式神とした陰陽師・安倍晴明。ある日「十二神将・青龍をお貸し願いたい」と謎の男が現れる。不審な申し出に警戒する晴明。その頃都では、銀の雨とともに現れる白いおもての妖が、若く美しい姫君を狙って襲う事件が起きていた。事件を調べることになった晴明だが、妖の魔の手は橘若菜のもとにもおよびーー!?
人と化生の間に生まれた安倍晴明の新たなる物語、第3弾!

「bookより」

 

『白き面に、囚わるる』感想

晴明 と 若菜

 

心を互いに ” 囚われた ” 男女の話

 

もちろん晴明と若菜の恋路も含まれております

 

ただ、おそらく晴明たちの進展はしていないです

 

前巻『その冥がりに、華の咲く』では、声掛けぐらいはあったのですが

 

本書では会話もなかったです

 

なんなら、顔すらも見ていません

 

でもお互いにお互いを想っている想いの強さは、とても感じられます

 

やっぱり純愛です。

 

彼女を護るために、自分と関わるとくらがりに彼女を巻き込んでしまいから

二度と関わりを持たないまま・・でいたい

 

護るために関わらないなんて、現代では考えられませんよね
現代の漫画でも「離れないで、傍で守ってよっ!!!」

ぐらいのセリフはありますね(笑)

 

でもその厚かましくない想いが、声にしない想いが、とても痛く感じてしまいます

 

 

本当は「周りなんか気にせず、はよくっつけ!!!」
と(自称・晴明の親友)榎岦斎の様に言ってしまいたくなるのも本音ではありますが(笑)

 

 

晴明と若菜の恋路に対してはお互いの心がお互いに ” 囚わるる “ がキーワードでした

 

晴明 と 青龍

 

今回は十二神将・青龍と晴明の関係も読みどころです!

誰も名を呼ばなければ、それはどこにもないものだ。
名とは、それを形作るもの。
それが何かを決めるこの世でもっとも短い呪なのだ。

 

が、キーワードなのかなと思いました

 

その中でも

『白き面に、囚わるる』名場面

本書で起こる読み返したくなる場面

  • 消えてしまうと思った青龍に対して、こみ上げるものが
  • 青龍に唯一の名を与える
  • 晴明が青龍に笑った
  • 晴明が離魂の術を使って若菜を助けに行く

 

上の4つの場面は、今後不意に読みたくなりそうな場面だな、と思いメモです。

 

 

十二神将は使役になってもらう時、それはそれは苦労した出来事でした
(詳しくはシリーズ1『我、天命を覆す』を)

 

その上、十二神将の中でももっとも扱いに困っていたのが青龍でした

 

十二神将・青龍は、矜恃を重んじる潔癖な神様です

 

だから、妖まじりの晴明を疎んじていました

 

それは日々の態度にも出ていました、表情も冷徹です

 

そんな青龍が、消えてしまうかもしれないと思った時の、晴明のふつふつと込み上げる想いが1ページに渡って書かれている

 

どれだけの想いを溜め込んでいるのだ、とニヤニヤが止まりません(笑)

 

この後に、青龍に名を与えたり晴明が十二神将への初めての笑みが青龍だったり離魂の術を使って魂だけで若菜を助けに行ったりと、読みどころが残り40ページに詰まっています!!

 

ニヤニヤしたり、鳥肌が立ったり、と表情も気持ちも忙しいラスト40ページでした(^^)

 

晴明 と 雑鬼

 

「 一つ火 」を夜に灯した晴明が雑鬼たちに言われた

雑鬼「人の括りの中に留まりたいなら、一つ火なんてやめておけよ」

 

と、言いながらも晴明を妖の領域に側に引き込みたがる雑鬼ーズ!

 

引き込みたいけど、留まらせてあげる優しさ、結構好きな場面です

 

「止める、俺らって優しいだろ!」って声が聞こえてきそうです(笑)

 

今回は「 一つ火 」の神話のお話も折り混ぜでした

まさか、伊奘冉イザナミ伊奘諾イザナギのお話が出てくるとは思いませんでした

〈 闇の中の「 一つ火 」 〉は、不吉 で 禁忌
・恐ろしいものが、その光に照らされる
・見てはいけないものを、その火が照らして暴き出す

 

記紀『黄泉比良坂よもつひらさかの段』のお話

 

さすが陰陽師のお話

より神秘性と言いますか、「 より闇に近くなってしまうからやめろよ 」ってことが言いたいのだと思います

 

白いおもて と 銀の雨

 

今回の不思議な現象

年頃の少女のもとに 銀の雨が降り白い面が宙に現れる

 

ただそれだけの現象

少女たちの害は、指に赤い痕が残ること

 

これにまた、若菜が巻き込まれ、晴明は会わずに彼女を救います!!!

 

 

おわりに

 

彼らは「 囚われて 」います

 

お互いの心がお互いに、、、、

 

でも、周りの思いや、本人の出生の煩わしさが、お互いの心にブレーキをかけてしまっている。

 

本当はそばにいて欲しい、護りたい、と思っているのに。

 

この2人の想いがどの様に形になるのか。

 

次巻は、会話をして欲しいです!!!

 

2巻3巻続けて会話しない、純愛•妖奮闘記小説です